セルノートで乳がんになる可能性はある?

セルノートは乳がんの心配ある?

セルノートと言えば、バストアップに特化したクリームですが、バストアップと言えば、最近話題になったのが発がん性のあるプエラリアミリフィカですよね。これは発がん性物質であり、乳がんを促進されてしまうことが研究結果から分かっています。

 

では、セルノートについては乳がんの発がん性があるのでしょうか?セルノートは塗るクリームですが、その中にも乳がんを促進してしまいそうな発がん性物質が入っていたら絶対に使いたくはありませんよね。

 

ここでは、セルノートについての成分の中で、乳がんの発がん性になりえる物質があるのかどうか確認してみました。

 

セルノートに発がん性物質は入っている?

先ほどご紹介した乳がんを促進させてしまう発がん性物質は、プエラリアミリフィカという成分です。では、このプエラリアミリフィカという乳がんを促進させる成分はセルノートに含まれているのかというと、実は入っているのです。

 

ということは、セルノートを使っていると乳がんの発がん性確立が上昇してしまうのかというと、そんなことはありません。公式サイトでもきちんとそれは断定しています。

 

では、どうしてセルノートはプエラリアミリフィカが配合してあっても乳がんの発がん性がないのかというと、それは体内に服用しないからです。プエラリアミリフィカについては、体内に入ることで黄体ホルモンに作用してしまうことが原因で乳がんの発がん性をアップさせてしまいます。

 

しかし、セルノートについては体内に入れないので黄体ホルモンには作用しません。そのため、乳がんの発がん性の危険もないということです。

 

 

また、セルノートについては、バストアップ効果成分としてはプエラリアミリフィカよりもボルフィリンという成分が多く配合してあります。このボルフィリンについてはとても安全性の高いものになっており、乳がんなどの重大な疾病以外の皮膚炎などの副作用の報告がすごく少ないことで有名です。

 

そのため、セルノートについては全く乳がんの発がん性を気にせずにバストアップ出来る商品だということが言えるのです。

セルノートの乳がんの発がん性についてのまとめ

ここでは、セルノートには乳がんになる発がん性物質が入っているのかを確認してみました。すると、発がん性として認められているプエラリアミリフィカが配合されていましたが、体内に入れるわけではないので乳がんになる心配はありませんでした。

 

そもそもプエラリアミリフィカは、体内に入れて黄体ホルモンに影響するから乳がんを促進させてしまうという成分でした。

 

また、その他にもセルノートについては、プエラリアミリフィカを主な成分としておらず、ボルフィリンという成分を主体としています。このボルフィリンは、とても安全性が高く、副作用が起こりにくいことで有名ですので、安全に使うことが出来るはずです。

 

そのため、セルノートで乳がんになったらどうしようと心配になっている人は、乳がんなどの発がん性を促進させる効果はありませんので、安心して使ってみてくださいね。

 

>>セルノートの最安値はこちら